Elvis & Kresse – ファッションだけでなく、ビジネス自体を見直す!

イギリス発のハンドメイドバッグブランドElvis & Kresse(エルビス・アンド・クレッセ)。イギリスで使用されていた消防ホースに敬意を表したい、というアイディアから始まりました。人命を救う丈夫な素材を使用して上質な職人技術とクラシックで時代を越えたデザインを与えることで、いつまでも使用できるユニークな製品をつくっています。

Elvis & Kresse(エルビス・アンド・クレッセ)

ただし、古い消防ホースに新しい命を吹き込むだけでは決して十分ではありません。その製品がエシカルだから、リサイクルだからという理由ではなく、人々が欲しくなるものを作らなくてはならない。そういった思いで5年を費やし、廃棄された消防ホースからBillford Walletを完成させました。強度はもちろん、高い柔軟性とクラシックで実用的なデザインのアイテムです。それからも彼らは常に、満足することなく、素材の調達から梱包に至る細部まで、商品をさらに良くするべく改良に取り組み続けています。

お気に入りのデニムと合わせられるベルトから、ちょっとしたお出かけに欠かせないバックまで、透明性があり、本格的でかつ実用的なプロダクトを作りだしているElvis & Kresseは、伝統いというものを再定義する存在であると言えます。

Elvis & Kresse(エルビス・アンド・クレッセ)


2005年以降、Elvis & Kresseは製品の素材となる原材料をラグジュアリーなライフスタイルアイテムに変身させ、その利益の50%を慈善団体に寄付してきました。過去10年以上にわたり、ロンドンの消防ホースは埋め立てられておらず、200トン以上が再利用されています。

2017年、Elvis & Kresseは英アパレルブランドBurbarryと提携し、皮革廃棄物というさらに深刻な世界的問題に取り組み始めました。このパートナーシップにより、過去5年間で少なくとも120トン以上の皮革の端切れがElvis & Kresseにより再利用され、新しいラグジュエリーアイテムに生まれ変わっています

Elvis & Kresseは2015年、UKブランドとして初めてB corpに認定されました。また、社会的責任を果たす企業として評価をされていますが、利益の50%をチャリティに寄付し、本来埋め立て地にいくはずの200トン以上の素材をリサイクルしていることから、それは当然のことだと言えるでしょう。

クラシック トートバッグ - ELVIS & KRESSE(エルビス・アンド・クレッセ)


Elvis & Kresseから日本の皆様へ...

2005年に廃棄されている消火ホースをなんとかしたいという気持ちでこのブランドを立ち上げたときには、まさか日本のみなさんに手にとっていただける日がくるとは夢にも思っていませんでした。実は私たちの全てのプロセスは、再生されたものが損傷前の新品のときよりも価値を持つ日本の伝統技術である「金継ぎ」にインスパイアされています。

【出典】
https://www.elvisandkresse.com/

https://www.notonthehighstreet.com/elvisandkresse