BRANDS

Mini Biography

ドイツ発のサステナブル、フェアトレードそしてヴィーガンファッションブランドのbleed(ブリード)は2008年にスケートボーダーMichael Spitzbarthによって設立されました。繊維業界に関する勉強をしたのち、様々な衣料品会社でフリーランスとして働いてました。繊維産業の現状に触れたMicaelは、何かを変えなければならないということをよく理解していました。これまでファッション産業によって地球環境は痛めつけられもう十分すぎるほどの血を流して(bleed)きた。それを止めなければならないという強い思いから、bleedというブランド名が生まれました。

Bleedの商品を見る

Ethical Point 

“オーガニック”とは、汚染物質や健康・地球環境に悪影響を与える化学物質を含まない生分解性素材のことを意味しています。bleedの製品は、殺虫剤等の不使用はもちろん、染色工程でもクロムやホルムアルデヒトは一切使用されず、環境に配慮された無害の材料のみで生産されています。しわ防止処理も、縮み防止も行っていません。

Message to Japan

"今日の買い物は、明日の世界を変える"
環境、動物、そしてこの社会にインパクトを与えるきっかけとなりますように。



Bleed